不感症改善を望む女性がラブグラ一つで彼とのセックスが変えた!

女性が抱える性の悩み

男性がEDに悩むのと同様に、女性も性行為に関する悩みを抱えています。相手が気持ちよくさせようとしているのに、「全然気持ちよくならない」「気持ちいいはずなのに……」など、相手や同性の友人にも言い出せずに1人で不安を抱え込んでしまいます。どうしてそのような悩みを抱えてしまうか、また不感症改善方法をお伝えします。

なぜ、なってしまうのか?
相手に触れられても全然感じなかったり、濡れないことで痛みを感じる、そもそも体に触れられることに嫌悪感を抱いてしまうといった症状があります。年齢を重ねるごとに性的欲求が減少してしまうケースもあります。しかし、過去に性行為中に辛い思いをした、男性に乱暴された記憶があるなどで脳が性行為自体を辛いものだと思い込んでいる状態になっています。また、近年ではテレビや雑誌、ネットなどで簡単に性行為について調べることができ目に付いた内容によっては快感を得ないように脳がコントロールしている場合も考えられています。そして、女性は相手への気持ちも関係しており、気持ちや性的欲求がなくなったりすることでも起きやすくなります。

一種の媚薬のようなもの
不感症改善方法は精神的要因でもあり、それらを解決することでも回復の兆しは見込めます。しかし、そうではない場合は女性用バイアグラであるラブグラを活用してみてはいかがでしょうか。男性がED改善に使用するバイアグラと同じ成分のシルデナフィル含まれており、女性のクリトリスに刺激を与えることで血管が広がり、血液の流れが良くなります。そうすることで、感度が上がり快感を得られやすくなります。また、ラブグラは女性が性的興奮を得られるところを刺激することで力が発揮します。

把握しておくべき点
日本では販売されていないので、個人輸入の通販で購入することが出来ます。1回1錠を力を発揮しやすくするため空腹時に性行為の1時間前に、必ず水かぬるま湯で飲み、次回使用するまで24時間以上は空けてください。アルコールで飲んでしまうと、心拍数が上昇しすぎますので避けてください。そして、力が強いがために頭痛やめまい、動悸といった強い副作用が出るケースもありますので、使用する際は注意がとても必要になります。


性行為に関する悩みは男女共に存在します。お互いに理解し協力していくことが、解決への第一歩になります。勇気をだして相手に打ち明けるのも、良いかもしれません。